大阪環状線新型車両323系のCMはヒットしたのか考えてみる

大阪環状線新型車両323系のCM動画が3月から放映されているのをご存知でしょうか。

https://www.youtube.com/watch?v=KV4ZgrTgLCg

この動画、JR大阪駅を通るときにデジタルサイネージで音声無し(字幕付き)のものを見ていましたが、このたび初めてフルで見たのですが「なんだこれ?」って感じのCMですね。

男子高校生が好意を寄せている花屋の店員さんにその思いを伝えようとするも、緊張のあまり肝心の「好きです」という言葉が出ず「ずっと前から・・・」を連呼していると、お姉さんが「同じことグルグル言って環状線みたい」と返すという話です。

“環状線”=“グルグルと周回する”ことを台詞に盛り込むというオヤジギャク臭が半端ない仕上がりになっていますが、なぜこういう動画なのか、誰をターゲットにした宣伝なのかについて少し考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

実は続編がひっそりと公開されていた323系のCM

このCM、実は続編があったようで(テレビCMとかでやってるんですかね?)、続編は更にオヤジギャグに磨きがかかっているんです。

https://www.youtube.com/watch?v=_uh5NMnsWM0

「つり革みたい」ってw

完全にギャグ漫画路線で、見ているとついついツッコミを入れたくなる仕掛けになっています。また二人の役者さんの芋臭い感じがいいですね。

演出上わざとらしい演技をしてもらっているのだと思いますが、これがギャグ漫画感を一層際立たせます。

続編(というか、こっちが本編?)は、全部で5回分配信されています。

https://www.youtube.com/watch?v=MyssfGdHkkU

https://www.youtube.com/watch?v=YLxWUNOGq_o

https://www.youtube.com/watch?v=PdRyKXzBQCk

https://www.youtube.com/watch?v=y8mr9wtrF3c

リンドバーグは30代以上の思い出

さて、本題ですが、この動画シリーズの企画の意図、裏側を勝手に想像してみます。

この動画シリーズのタイトル、キャッチコピーは「キュンする323」。テーマソングはリンドバーグの「今すぐkiss me」(1990年)。棒読みじゃねえかと思えるくらいにわざとらしい演技(演出上狙ってるんでしょう)。

コピーからテーマソングから何から何まで昭和テイストを狙っています。出演する2人のメイクやファッションまでは昭和を取り入れてはないので、昭和をバリバリに表現するつもりはなくて、何となく昭和テイストをふんわりとさせたかったんだと思います。

で、こういう分かり易い演出をすれば、ギャグ漫画のノリにもなりやすいと思うのですが、問題はこれを一体誰に何を伝えたかったのか、そして、きちんとそれが届いているのかということ。

この昭和テイストの展開に興味を持ってくれる人は誰か。

ここで、JR西日本のプレスリリースを見てみると、

どうやら女性に新型車両のアピールをしたかったようですね。

今後導入する新型車両「323系」の開発コンセプト「安全・安心の向上」「情報提供の充実」「人に優しい快適な車内空間」を、男性に比べ新型車両への関心が相対的に低い女性をメインターゲットに、「キュンする」恋物語で描きます。

プレスリリースには新型車両への関心度合いの調査データ(JR西日本調べ)が記載されていて「男性:60% 女性:30%」とのことで年代には触れられていませんが、この動画で関心を持つ世代は確実に30代以上でしょう。

音楽の力は偉大で、瞬間的に過去の情景を思い起こさせてくれますが、リンドバーグを聞いて釣られるのは確実に30代以上です。今の20代前半より下はリンドバーグの曲を知らないどころか、リンドバーグという名前すら知りません(筆者独自調べ)。となると、この選曲は完全に30代以上をターゲットにしていると考えることができます。

一方で、俳優の2人で20代以下の世代をカバーしているということなのかもしれません。プロフィールを見ると、アミューズとスターダストという超大手芸能事務所所属の俳優・モデルでそこそこ名前を知られているようなのです。

ということなんですが、果たしてこれが成功したかというと、僕はそこまでうまくいっていないんじゃないかと思うのです。

というのも、環状線で流れるJR西日本のCMはこういった若者(大体、女子高生か大学生)が主役のマナーに関する動画が多いので、パッと見てこの動画が新型車両の話だと分かり難いのです。

環状線新型車両のCM動画だと分かるのは最後のほうで、そこまで関心を引きつけられるのか。引きつけられても、環状線新型車両の話で、どこが新型車両のポイントなのかがギャグタッチになっていて分かり難いと思います。

さらに、車両内のCMだとリンドバーグの音楽もありません。そうすると30代以上の関心はかなりの確率で損なわれてしまいます。

このCMの反響は一体どれくらいだったのでしょうか。気になるところです。

最後に、この「323系の車両公開の産経ニュースの動画を見つけました。

この動画には鉄道アイドル・斉藤雪乃さんが出演されていますが、彼女のマシンガントークにびっくりしました。

大阪の芸能事務所・舞夢プロ所属のアイドルで可愛いらしいので覚えていますが、デビュー当時はそんな印象はありませんでしたが、こんなにも熱量をもって喋る人だったんですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする