iPhoneのLINEトーク履歴の引き継ぎ失敗から何とか復活

今週iPhoneが故障して本体丸ごと交換するという人に付き添ったのですが、PCにとっておいたバックアップデータを復元してもLINEのトーク履歴が引き継げていないという事態に遭遇しました。

色々調べて試した結果、何とかトーク履歴が無事復活したので後学のために共有です(※但し、実施にあたっては当然自己責任でお願いしますね)。

スポンサーリンク

故障修理で同じモデルへの機種変更

まず今回の機種変更のモデルと経緯について説明しておきます。

今回は故障修理対応のためにiPhone 6からiPhone 6という同一機種の変更でした。

使用しているiPhone 6がバッテリーの消耗が激しく、フル充電の状態から30分くらいで突如20%にまで減るといった状態でバッテリー交換をお願いしにお店で見てもらうと筐体が曲がっていたのでバッテリー交換だけは受け付けてもらえず(他の問題が起きる可能性があるため)、本体丸ごと交換となりました。

ちなみに、彼はApple Careにもauスマートパスにも入っていたので、結果的には普通よりもお得に交換できたようでした。

さて、本体交換前には自宅のPC(Windows)でiTunesを使ってバックアップを実施していました。但し、iCloudバックアップは使用していません。

そして、いざ新しいiPhone 6本体に交換しPCのバックアップから復元をするもLINEのトーク履歴が消失する事態が発生。

LINEログインではトーク履歴は引き継がれない(別途バックアップ要)

ここで、機種変更時にLINEログインを使って「引き継がれる情報」と「引き継がれない情報」を整理します。

引き継がれる情報というのは、LINEが自社サーバで保存している各人の情報のこと。

機種変更をしてもLINEにメールアドレス・パスワードを入力してさらに電話番号を使って2段階認証をすればサーバ上にあるアカウント情報が引き継げるようになっていますが、その内容はというと・・・

<引き継がれる情報>
•  友だちリスト(グループを含む)
•  [ノート]、[アルバム]に投稿した内容
•  自分のプロフィール情報
•  ホーム/タイムラインの内容
•  購入したスタンプ/着せかえ情報
•  課金アイテムの購入履歴やコイン残高
•  連動アプリ(LINE ゲーム⋅LINE PLAYなど)の登録に関するデータ
<引き継がれない情報>
•  過去のトーク内容
•  トーク背景
•  通知音の設定
•  異なるOSでのコイン残高(AndroidからAndroidなど、同じOS間の場合は引き継ぎ可能

ご覧の通り「トーク履歴(過去のトーク内容)」はLINEログインで引き継がれません。
過去のトーク履歴の引き継ぎには別途バックアップを自分で行う必要があるのですね<次項参照>

iPhoneでのトーク履歴の引き継ぎはiCloudバックアップ推奨

トーク履歴の引き継ぎにはバックアップが必要なのですが、2016年6月27日のバージョン6.4.0からiOSのLINEアプリにはiCloudを使ったバックアップ機能が搭載されるようになりました。

この画面が「その他[…]」ページ>「設定」>「トーク・通話」>[トークのバックアップ]で出てくるようになっていて、これはトーク履歴を復元するために作られた機能です。

2016年9月現在、LINE公式上ではiPhone上でのトーク履歴を引き継ぐ場合にはこの方法のみが案内されています。

しかし、以前はiTunesを使ってPCにとったバックアップデータを復元すれば引き継ぎができていました

僕も1年前にiPhone 5からiPhone 6Sに機種変更しましたが、そのときはiTunesを使ってバックアップして問題なくトーク履歴も引き継げていました。

で、今回もPCのバックアップデータ復元でのトーク履歴の引き継ぎは最終的にできたので、今もこの方法は有効のようです。

復元からトーク履歴引き継ぎ失敗の要因

さて、ここからLINEトーク履歴が消失に関して考えられる要因を書いていきます。

バックアップデータ復元前のLINEログイン操作が影響?

まずは、お店で新機種を受け取ってからバックアップデータ復元前にLINEログインを(少し)してしまったこと。

LINEは家族や友人との連絡など一番使うアプリだということで、自宅に帰る前に早速iCloudにログインしてApp StoreからLINEアプリをダウンロードし、メールアドレスとパスワードを使ってログインをしてしまっていました。

「少し」と書いたのはメールアドレスでのログインの後に求められる電話番号認証はやらずに中断していたという状態だったので、ログイン処理を全部はまだやっていなかったからなんですね。

中途半端とはいえLINEログインを一度してしまったことで古いLINEの情報が上書きされた可能性も考えられます。

ですが、結果的に見ればこの操作は致命的なものではなかった(直接の要因ではなかった)ように思えます。

※ちなみに、旧機種上では交換前に「引き継ぎ設定」をしています。これは2016年2月のLINEの仕様変更で機種変更時に必要となった操作です。

LINEアプリを一度削除したことが直接の要因のはず

他にも考えられることがありました。

PCのバックアップデータ(iTunesでのバックアップ)から復元をした際に、LINEのメールアドレスとパスワードを何度か入力するもうまくいかなかったので、LINEアプリを一度削除してインストールし直しをしていたようなんです。

おそらくこの時点でトーク履歴が消えてしまっています。

普通、アプリを削除するとアプリに保存されているローカルデータは消えてしまいます。

クラウドに保存されている情報はスマホアプリを削除しても残りますが、LINEの場合トーク履歴はスマホ内に保存される情報なので、上述のiCloudバックアップをしていない限り、LINEアプリを削除すればトーク履歴も消えるはずです。

これがバックアップデータから復元したのにトーク履歴が引き継げなかった直接の要因と思われます。

iOSのバージョンも影響したかも

他にも気付いたことがあります。

それはお店で交換後に渡されたiPhone 6がiOS 10にしてあったんですが、交換前のiPhone 6はiOS 9のままでバックアップデータもiOS 9のままだったこと。

9月の中旬でちょうどiOS 10が発表された直後だったため否応なく最新バージョンの機種を渡されていました。

このことも可能性として考えられるかなと思ったのですが、調べてみると「バックアップデータから復元をするとiOSは常に最新バージョンアップにされる」ようなのでこれも直接の要因ではないと思われます。

この点は以下の記事が詳しいです。

残念ながら、バックアップを復元してもiOSを旧バージョンに戻すことはできません。バックアップには、アプリ本体や関連データ、システム関連の設定情報を含めることができますが、iOS本体は対象外です。バックアップを復元しても、iOS本体以外のアプリやデータが再び利用できるようになるに過ぎません。

それでも気になるLINEアプリログイン失敗

結果的にみると、致命的だったのはバックアップデータから復元した後にLINEアプリを削除してしまったことでしょう。

しかし、その場合でも気になる点が残っています。それはLINEアプリを削除するきっかけとなったLINEアプリログイン失敗の要因です。

単なる入力間違いであれば話はそれで終わりですが、よくよく考えてみると彼はバックアップデータから復元してLINEログインをする前に一度LINEログインに成功しています。

お店で交換した後すぐにLINEログインをメールアドレス・パスワード入力で成功していました(その後、電話番号認証の前で中断)。そのことを踏まえると入力間違いというわけでもないとも思えます。何らかの理由でログインできない状態になっていたということも考えられるのです。

その点で、一度LINEログインを中途半端に行ったこと、iOSのバージョン違いが影響したと思っています。

以下、iPhoneの中でどんなことが起きていたかをまとめると、

①バックアップデータから復元する前にiPhoneはiOS 10で中途半端ながらもLINEアプリに先にログインしていたことから、LINEアカウントはiOS 10上に引き継がれた状態になっていた ※トーク履歴は当然引き継がれていない

②iTunesを使ってバックアップデータを復元したが、バックアップデータはiOS 9のときのもの。トーク履歴を復元するも、復元先のiPhoneは既にiOS 10になっていて一度ログインされたLINEアプリがある、つまりは、【A】トーク履歴無しで有効となったLINEアプリ【B】トーク履歴を保持しているがまだアカウントの紐付けされていないLINEデータ混在状態となり、どちらを正しいものとして処理していいか分からなくなり、LINEログインを受け付けなくなる

③LINEアプリを削除する(=トーク履歴を保持したLINEデータ削除)、LINEアプリの再インストールをしA】トーク履歴無しで有効となったLINEアプリとなる(※①と同じ)

といったようなことがiPhoneの中で繰り広げられていたのではないかと考えました。

対処方法(実際に行ったこと)

行ったのは「初期化→バックアップの復元→LINEログイン」という何の変哲もないものです。

しかし、上記のような複合的な要素が絡まっていることも考えられるため、初期化においてはiPhone 6の工場出荷状態へ初期化する方法をとりました。

iPhoneは初期化する方法として(PCに繋いで)iTunes経由で初期化する方法とiPhone単体で初期化する方法の2つがあります。

前者の場合、初期化の時点で最新バージョンにアップデートされますが、後者はそのモデル販売時に初期搭載のiOSバージョンに戻ります。

今回はiPhoneが既にiOS 10になり、有効なLINEアカウントが存在したことも影響した可能性も見過ごせませんでした。

そのため、iOS 10になる前の状態に戻してからバックアップデータの復元をしたほうがいいだろうと考え、iPhone単体で初期化を行ってもらうことにしました(iOS 8)。

復元の過程ではどちらにしろ最新のiOS 10になりますが、はっきりした要因がわからないので念には念を入れました。

その後、バックアップデータから復元をした後にLINEログインを行ってもらい、無事トーク履歴が復活!!

以上、PCのバックアップデータを復元してもトーク履歴が引き継げなかったけど頑張ったらトーク履歴をちゃんと戻せた事例でした。参考になればと。

【関連記事】iPhoneがもし調子が悪いときに試してみるべきこと

スポンサーリンク

シェアする

フォローする